【第七十二回目】
弁松:弁当には、文化が詰まっている

余計なことはやらない。
今の、このベーシックなお弁当のレベルを上げていくのが、僕の仕事だと思っています。
「 It’s better to avoid doing unnecessary thingsーthat’s my way of thinking. I believe my job is to keep raising the standard of these basic bento.」

みよちゃん セインさん、今日伺うのは日本橋にある「弁松」です。嘉永3年(1850)創業の、160年以上の歴史があるお弁当屋さんです。
東京自慢 名物會『東京自慢 名物會』より(明治30年/1897)
『tokyo jiman meibutsukai』(1897)
でも、直行せずに、今日はまずデパートで「弁松」のお弁当をゲットして、公園でランチしましょう!
Thayne-san, today we’re going to visit Benmatsu in Nihonbashi. It’s a bento lunch shop that was established in1850, so it has over 160 years of history. But rather than go straight there, we’re going to get a Benmatsu bento from the department store, and then let’s have lunch in the park!
セインさん おー。焼き魚、玉子焼き、かまぼこ、野菜の煮物…ご馳走ですね!
Wow, there’s grilled fish, sweet omelette, fish sausage and boiled vegetables… What a feast!
みよちゃん デザートもついていますよ。豆きんとん、これもおいしいんです。
It comes with a dessert too. It’s bean kinton, and that’s delicious too.
IMG_4807「弁松」のお弁当いろいろ
A selection of Benmatsu bentos.
セインさんみよちゃん ご馳走様でした!
That was delicious!

では、「弁松」さんに向かいましょう。こんにちは。
Now let’s go to Benmatsu. Hello.

(樋口) こんにちは。今日はお弁当を食べてから来ていただいたとか。ありがとうございます。
Higuchi: Hello. I heard that you ate one of our bentos before coming today. Thank you.
セインさん とってもおいしかった!
ご飯も、おかずもおいしいし、折箱の木の匂いがして、それもとても印象に残っています。あれは何の木で作られているんですか?
It was really great! The rice and the side dishes were both delicious, and the scent of the wood used to make the box was really nice. What kind of wood is it made from?
(樋口) 北海道のエゾ松です。間伐材を使っているんですが、最近は、底板まで木の折箱を使っているお弁当屋さんはほとんどなくなりました。
Higuchi: It’s Yezo spruce from Hokkaido. We use sustainably harvested wood, but in recent years there aren’t many bento shops that use boxes made entirely of wood, including the bottom of the box.
セインさん 箱の底にくっついているご飯がおいしいのに、残念(笑)。やはり、コストに反映するからでしょうか。でも、そういったことも含めて、江戸時代と変わらない味、変わらないお弁当が、弁松のお弁当なんですね。おかずの味が濃くて、僕は大好きです。アメリカ人は、きっと皆、好きな味ですよ。
The rice that sticks to the bottom is really delicious, so that’s a shame. I suppose it’s because of the cost. But, even so, if you want to enjoy flavors of the Edo period, you have to get a bento from Benmatsu. The side dishes have a strong flavorーI really like them. It’s a flavor Americans will definitely enjoy.
(樋口) ありがとうございます。
うちの味は甘辛いでしょう。昔ながらの「濃ゆい味」で、いまどきの薄味ではありません。
でも、ぜひ、若い人にも味わってほしいんです。海外へ行くと、いろいろなものにカルチャーショックを受けるように、「江戸の味」を体験してほしい。
Higuchi: Thank you. Ours have a salty-sweet taste. The old fashioned “deep flavor” is completely different from modern day light flavors of today’s bento.
But I really want young people to give it a try. Like how you experience different kinds of culture shock when you travel overseas, I want them to experience the “taste of Edo.”
セインさん 体験!?
Experience it!?
(樋口) ええ。文化の体験として。「一度、弁松の、江戸からの味の弁当を食べてみるか」と、特別なものとして食べていただけたらいいかな、と。本当は、材料も調味料も江戸時代とは違っているので、当時と同じ味ではないんですが、「江戸からの味」なんて言っちゃってね(笑)。
Higuchi: Yes, as a cultural experience. I want them to try eating it as something special, like Maybe I’ll try one of the Benmatsu’s bentos that have the flavor of the Edo period. The truth is that the ingredients and seasonings aren’t exactly the same as they were during the Edo period, but we’ll still call it the flavor of the Edo period.
セインさん (笑)。なるほど。でも、薄味のお弁当も作れば、もっと儲かるでしょう。ビジネスとして、そういうことは考えませんか?
I see. But if you made a bento with a lighter flavor, you could earn more money. Don’t you think about it that way?
(樋口) もちろん、考えたことがないわけじゃありません。でも、それはもう弁松の味ではない」と、ある時気がついたんです。それに、事業を拡大をすれば、出費も大きくなりますから、忙しくなるだけで、そう大儲けはできないでしょう。
家族でやっている会社は強いですよ。いざとなっても、自分の家族と職人さん3、4人がいればやっていけますから。
Higuchi: Of course we’ve thought about it, but at some point we realized that it wouldn’t be Benmatsu anymore. If we expand our business, our expenses would also increase, so it would probably just make us busier, not more wealthy.
Family businesses are strong. Even now, I can run the business with just the members of my family and three or four workers.
セインさん 樋口さんも毎日、工場で働いているんですね。
Higuchi-san, you work in the shop every day too, right?
(樋口) 深夜2時頃にはもう、江東区の永代橋の近くにある工場でスタッフと一緒に働い
ています。そして朝、工場から日本橋の本店に移動するときにラッシュアワーにもま
れて通勤してくるサラリーマンの人たちとすれ違う。それで「こんな大変そうな生活
は僕にはできないなあ」といつも思っているんです。
At 2:00 in the middle of the night I’m already at the workshop near Eitaibashi in Koto Ward, working with the staff there. And in the morning, when I go from the workshop to the main store in Nihonbashi, I pass by the office workers all commuting in the rush hour.And I always think, Their lives look so difficult, I couldn’t do that.
セインさん ははは。でも、普通の人とは逆の生活は大変ですね。
Haha. But it must be difficult to have a different lifestyle than everyone else.
(樋口) 正直、しんどい仕事です。子どもとも休日しか、ゆっくり話ができないし、なかなか遊んでやれません。
Higuchi: Honestly, it’s tough work. I can only sit down and talk with my children on my days off, and it’s difficult to find time to play with them.
セインさん 自分がこの店を継ぐことには抵抗はなかったんですか?
Did you have any hesitations about taking over the business?
(樋口) なかったですね。長い間、自宅と工場が一緒でしたので、子どもの頃、朝、目覚めると、階下からおかずを煮たり焼いたりする匂いがしていました。匂いで刷り込まれたのかもしれない(笑)。
Higuchi: None at all. For a long time, we lived above the shop, so when I was a child there was always the smell of side dishes being boiled and grilled when I woke up in the morning. Maybe the smell left an impression on me.
セインさん 毎日、どのくらいのお弁当を作っているんですか?
How many bentos do you make every day?
(樋口) 平日で1200個から1500個。土日、祝日は2000個ほど。お祭りや大きな行事のある日はもっと作ることもあります。春には花見弁当を作ったり、たけのこや新生姜、マツタケなどのシーズンには炊き込みご飯を作ったりと、父の代からちょっとした変化のあるお弁当も作るようになってきましたが、主力は魚の焼き物、玉子焼き、野菜の煮物などで構成されている定番のお弁当です。
 余計なことはやらない方がよい、というのが僕の考え方です。今の、このベーシックなお弁当のレベルを上げていくのが、僕の代の仕事だと思っています。
Higuchi: On weekdays, from 1,200 to 1,500. On weekends and holidays, up to 2,000. If there’s a festival or large event, we sometimes make more. In spring, we make flower viewing bentos, and rice cooked with seasonal ingredients like bamboo shoots, fresh ginger and matsutake mushrooms. We’ve begun to make bentos that are a little different from those of my father’s days, but our strength is the standard bentos made with grilled fish, sweet omelette and boiled vegetables. It’s better to avoid doing unnecessary thingsーthat’s my way of thinking. I believe my job is to keep raising the standard of these basic bento.
みよちゃん お弁当屋さんならではの作りかたのコツなども教えてください。
Tell us the knack to making bento that taste like a truly good bento.
(樋口) ご飯もおかずも、一気に冷ますことです。食品は常温で放置する時間が長いほど腐敗や食中毒のもととなる雑菌が繁殖するリスクが高まりますから、その温度をすばやく超えさせるために、一気に冷却するんです。
Higuchi: The important thing is to cool the rice and side dishes immediately. The longer you leave food at room temperature, the higher the risk is of things going bad and bacteria that cause food poisoning breeding, so we cool it immediately to get it below that temperature quickly.
みよちゃん 熱々を詰めたのが、だんだん冷めて、あの温度になっているのかと思いました。
I thought you cooled the hot food gradually to that temperature.
セインさん お弁当って、おもしろいですね。これから東京オリンピックにかけてたくさん訪れる海外からの旅行者にも、弁松のお弁当を食べてもらいたい。おいしいし、季節が感じられるし、そして日本の、江戸の文化が詰まっているでしょ。
There’s a lot that goes into a bento. I want the many travelers who come for the Tokyo Olympics to try Benmatsu’s bento. They’re delicious, and you can taste the seasons, and they’re even packed with Edo period culture.
(樋口) ぜひ、アピールしてください。(笑)
Higuchi: I hope you can do something to help me promote them!
セインさん がんばりましょう!
We’ll do our best!
セインさんみよちゃん 今日はありがとうございました。
Thank you very much for your time today.
IMG_4821
弁松ホームページはコチラ
(文)太田美代 (英訳)デイビッド・A・セイン
■David Thayne(デイビッド・セイン)プロフィール thayne-photo1959年、米国生まれ。証券会社勤務を経て来日し、翻訳・通訳など多岐にわたって活躍。豊富な教授経験を生かし、数多くの英語関係書籍を執筆。近著に『日本人のチョットへんな英語』(アスコム)、『超入門シャドーイング』(主婦の友社)、日本人が使いすぎる英語(PHP文庫)など多数。 下町の魅力に魅了され、自身が代表を務める英語関連のコンテンツ会社のエートゥーゼットのオフィスを根津に構えている。英会話本の執筆をしながら、東京・文京区根津と春日にあるエートゥーゼット英語学校の校長も務める。 http://www.smartenglish.co.jp/