<白木屋傳兵衛>中村梅吉さんの「いい話」【驚くべき“いい話”】

たしか、昭和40年代だったか、東京駅の大丸さんで「東都のれん会」の加盟店を主体にした「江戸老舗即売会」をやっていた頃の話である。

私は大丸関係者の年次供養祭に招かれ、バスの車内で「江戸話」をするよう依頼を受けた。大丸が寛保3年(1736)から明治29年(1896)まで暖簾をあげていた江戸店の跡をバスで訪ねるのだという。大丸さんの江戸店の跡は、現在の中央区日本橋大伝馬町の一角。無事、大丸東京店のルーツを見届け、一行は昼食をとるため、ご近所の「魚十」さんへ。
「どうして、この店を選ばれたんですか?」。
大丸さんに気軽に尋ねて、返ってきたのが、以下の驚くべき“いい話”である。

江戸時代の呉服店は、「座売り」といって履物を脱いで畳にすわり、手代さんに見たい着物の種類をあれこれ告げて、ゆっくりと品選びをするシステムだ。そして、一定以上のお買い物をなさったお客様には、昼どきになると「お昼」が出た。大丸のような大きな呉服店には、出入りの仕出し屋があったのです。
さて、江戸時代には大いに繁盛した大丸さんだが、文明開化とともに次第に需要が落ち、経営合理化のため明治29年に江戸店を撤退することとなった。引っ越しは今も昔も大変な作業だが、これだけの大店になると引っ越し荷物も膨大。その結果、なんと神棚を運び忘れてしまわれた。

それから幾星霜。昭和29年(1954年)、大丸は新装なった東京駅のすぐ横に華々しく東京店を開店された。明治時代に撤退して58年ぶりのことだ。
その開店当日、東京店店長を尋ねて来たかたがおいでになった。魚十のご主人です。そして、こうおっしゃったそうだ。「お預かりしていた神棚を、お返しに上がりました」。

なんと、明治29年の引っ越しのときに置き去りにされてしまった神棚を、その当時、仕出し屋として出入りされていた魚十さんが、半世紀を越え、世代を越えて大事に守ってこられたのである。店長さんはへたへたと座り込むほど驚き、喜ばれたのだとか。もちろん、この日まで、大丸さん自体もご存知なかった話である。
魚十さんは、現在も大伝馬町で盛業しておられます。

中村梅吉(なかむら うめきち)  
白木屋中村伝兵衛商店6代目店主。昭和4年(1929)、東京市京橋区宝町3-4(現:中央区京橋3-9-8)に白木屋箒店(現、白木屋中村伝兵衛商店)の長男として生まれる。
区立京橋国民学校(小学校)、東京府立第3中学(現両国高校)を経て、東京外事専門学校(現東京外語大)の蒙古科に入学。蒙古語、中国語、ロシヤ語を習得。昭和37年(1962)から平成15年(2003)まで、6代目店主として家業に勤しむ。
昭和55年(1980)から中央区歴史講座で川崎房五郎氏に師事し、江戸学を開始。隠居後、中央区の文化サポーターや江戸東京博物館ボランティアとして、年間30回以上、講演や街歩きの案内を務めている。
また、東京大空襲の被災者としての証言など、様々な形で江戸—東京の歴史を伝える活動にも関わり続けている。茶道、飛行機模型、手話などなど、趣味も多彩で本格派。

最新記事

    This post is also available in: 英語