各店よもやま話
【いせ源】
◆あんこうの悪食◆
 あんこうのことを英語でなんというか、ご存知ですか? Angler–Fish、釣り人の魚と呼ぶんです。
あんこうの頭の先にはアンテナのようなものがついています。実はこれ、背びれが変形したもの。あんこうはこの背びれを揺らし、獲物を待つのです。
ゆらり、ゆらり。獲物が近づいてきてもすぐに飛びかかったりはしません。巧みにアンテナを動かして確実な射程範囲に誘い込み、ここぞというところで海水ごとひと飲みに―― このへんの駆け引きは、釣りが趣味のかたならご想像がつくことでしょう。
かくして、あんこうはなかなかの釣り人ではあるのですが、では何を食べているかというと、これが実に様々なのです。あんこうの腹から一番多く出てくるのは、アジやヒラメなどの魚類。イカや貝類なども少なくありません。港のセリ場であんこうが腹を上にして並べられるのも、何を食べているのか見当をつけるため。この魚だけは目方で単純に値が付けられないのです。
そういえば、当店ではあんこうの腹の中から別のあんこうが出てきてびっくりしたことがあります。悪食にもほどがある! ……いや、そのあんこうを身はもちろん、骨以外は肝も皮も食べ尽くしてしまう人間のほうが、よほど悪食でしょうか。
あんこう鍋
いせ源
●千代田区神田須田町1-11-1
●03(3251)1229

最新記事

    This post is also available in: 英語