【梅園】
◆幸せの値段◆

 以下にご紹介するのは、当店の「汁粉」の値段です。比較するものとして東京の公衆浴場の入浴料金(大人/3月の値段)をカッコ内に示しています。比率に注目して見ていってください。

幕末 5文(8文)
明治10年 3銭(1銭5厘)
大正10年 12銭(5銭)
昭和10年 20銭(7銭)
昭和16年 25銭(6銭)
昭和21年 5円(50銭)
昭和23年 10円(4円)
昭和24年 20円(10円)

入浴料の2~3倍であった汁粉が昭和21年には10倍になっているのにお気づきだと思います。これは、この時代、砂糖が大変な贅沢品だったことによります。ちなみに、昭和21年3月の標準価格米10kgの価格は19円50銭。汁粉4杯で10kgの米が買えたのです。また、当店は疎開のため店を閉めていて資料がありませんが、戦時下の砂糖がさらに貴重なものだったことはいうまでもありません。
木下恵介監督が背嚢の中に蜜豆の缶詰を1個隠し持ち、中国大陸を行軍したという話を何かで読んだ記憶がありますが、きっと、そういう兵士はほかにもたくさんおられたことでしょう。最期の時に口に入れたかったもの、それが砂糖の甘みだったのです。  現在、当店の汁粉の値段は550円。平和な時代がなによりです。

粟ぜんざい
梅園
●台東区浅草1-31-12
●03(3841)7580

最新記事

    This post is also available in: 英語