【江戸屋】
◆プロのメイクは、道具が違う◆
brushメイクアップアーティストにお化粧をしてもらったときはキレイに仕上がったのに、自分でやると上手にできない……。そんな経験はありませんか? 「やはりプロのテクニックは違う」と感心してしまえば、話はそれまで。でも、プロは、使う道具も違うんですよ。
たとえばチークブラシひとつとっても、使用される天然毛はリス、黒ヤギ、馬のものなどさまざま。最高級品のリスの毛を使ったものは、ビロードのような触感でありながら、適度なハリやコシがあります。だから、頬紅が肌の上にふわりとのり、なめらかに広げることができ、さらに余分な粉をはらうのにも適しているんです。でも、化粧ケースにセットされているブラシでは、こううまくはいきません。最高の仕上がりを望むのであれば、プロと同じ厳しい目で、道具も選ぶ必要があるんです。
ところで、いまお話した最高のチークブラシには、江戸時代の職人たちが工夫を重ねて練り上げ、伝えてきた刷毛(はけ)を作る技術が受け継がれています。
友禅を染めるのに使う染色刷毛、漆器にうるしを塗るうるし刷毛、見事な錦絵を刷りだす木版刷毛、ふすまを張る経師刷毛……。江戸職人がそれぞれの道具の用途によって毛の素材を選び、毛先の形を考え、使い心地を追求し続けた工夫と技術は、いま、化粧道具などはもちろんのこと、何ミクロンの単位で精査を要求される工業用ブラシなどにも生かさているのです。
現代の東京に江戸の面影をたずねるのは容易なことではありませんが、身近な小さな道具のなかに、江戸が息づいている――そんなお話を申し上げました。
刷毛・ブラシ
江戸屋
●中央区日本橋大伝馬町2-16(地下鉄小伝馬町駅から徒歩2分)
●03(3664)5671

最新記事

    This post is also available in: 英語