【海老屋總本舗】
◆日本ビール史と佃煮◆
 浦賀沖にペリー率いる黒船が現れたのは1853年。翌年も黒船はやってきて、幕府に多数の品物を献上しました。そのなかに「土色を呈し、おびただしき泡を立つ」と記述された飲み物が含まれていました。・・・そう、ビールです。
かくのごとく当初は怪しまれたビールですが、明治維新(1868)後まもなく正式に輸入開始。明治4年にはドイツビールだけでも月間2万ダースが輸入されたといいますから、またたくまに民衆に広まったことが推測できます。
ところで、当店の創業は明治2年。そして、名物の「海老鬼がら焼」は、その当時から作り続けている商品です。佃煮に「焼き」の技法を取り入れたのも初めてなら、醤油だけで味つけしていた従来の佃煮に砂糖を加えたのも、初代の工夫でした。
店を起こしたばかりの初代が、何からヒントを得て新タイプの佃煮を創作したのかは伝えられておりません。が、もしかしたら「ウワサの、ビールとかいう異国の飲み物に合う歯ごたえのいい酒肴はできないか・・・」などと考えたのかも・・・。
いずれにしても、明治維新は政治だけではく、庶民の味覚にまで一大変革をもたらした文化の転換期でした。グルメ業界もベンチャー時代。苦労はあったでしょうが、初代はおもしろい時代を生きたのではないでしょうか。
江戸前佃煮
海老屋總本舗
●墨田区吾妻橋1-15-5
(地下鉄浅草駅から徒歩4分)
●03(3625)0003

最新記事

    This post is also available in: 英語