【蓮玉庵】
◆蕎麦屋の大事件◆
 私がまだ高校生だった時分の話ですから、もう随分昔の話になります。
昭和30年の冬のある日、帝国ホテルから1本の電話がかかりました。「お蕎麦の出前ができますか?」。
当店は昔も今も出前をしておりません。お断りを申し上げたところ、のちほどお客様が来店されるということになりました。そして、まもなく黒塗りのハイヤーがずらりと店の前に並んだから、さあ店も町内も大騒ぎです。
ハイヤーから降りてこられたのは、中国の思想家であり、政治家、革命家である郭沫若氏でした。氏は大正3年から旧制一高と岡山の六高で学び、九州帝国大の医学部を卒業。その後帰国されましたが蒋介石との対立から昭和3年に日本に亡命し、10年間を市川市で過ごされた知日派です。国交回復前のこの時期の来日も、日本学術会議の招きによるものだったのです。
この日、郭沫若氏は父の願いに応じて「そば5枚 酒30杯 18年の懇望を満足させていただきました」といった意味の言葉を書いてくださって、店をあとにされました。力のみなぎる見事な草書です。
のちに掛け軸に仕立てたこの字を見るたびに、皆があわてふためいていた、あの日のことが思い出されます。
そして、国賓に書をお願いするとは、と父があとで叱られたことも、今は懐かしい思い出となっているのです。
蕎麦
蓮玉庵
●台東区上野2-8-7
(JR御徒町駅、地下鉄上野広小路駅から徒歩3分)
●03(3835)1594

最新記事

    This post is also available in: 英語