【銀座 越後屋】
◆小都心温暖化と衣替え◆
 太宰治の著書のなかに、衣替えの季節になったけれど単衣(ひとえ)が無く、奥様が袷(あわせ)の着物をほどいて洗い張りし、単衣に縫い直したという話がでてきます。6月から9月までは単衣、10月から5月までは袷というのが着物の一応の決まりごとなのです。
しかし、最近の都心の暑さは異常です。真夏並みの暑さの日でも袷を着て、汗をかいているかたをお見かけするたびに、ひと昔前の決め事に無理に合わせる必要はないのではないかと呉服屋は考えます。たかが着るものです。体が一番心地よいと感じるものを着ることこそ、大切なことではないかと。
衣替えは、平安時代には4月1日、5月5日、8月15日、9月9日、10月1日の5回、江戸時代には4月1日と10月1日に行われていました。衣替えの日は、当時の気候や人々の暮らし方に沿って決められてきたのです。
この30~40年で都心部の気温は3~4度上昇したそうですし、実際、真夏日の銀座は、すぐ近くの日比谷公園と比べて2~3度高いという話も聞きました。また、今年4月には環境省が100年後の年平均気温は南日本で4度、北日本で5度上がるという予測を公表しています。衣替えの日が変わるのも、そう遠い未来のことではないかもしれませんね。
特選呉服
銀座 越後屋
●中央区銀座2-6-5
(地下鉄銀座駅から徒歩4分)
(地下鉄三越前駅A8番出口すぐ)
●03(3563)5691

最新記事

    This post is also available in: 英語