大旦那のちょっといい話【老舗当主の「襲名」】
 「襲名」といえば、歌舞伎役者や落語家が「市川團十郎」や「三遊亭圓生」といった名跡を継ぐことが知られていますが、実は古い商家でも、当主が襲名を行う家があります。しかも歌舞伎役者などのように芸名を継ぐのではなく、法律上の名前までも変える「改名」を行うところに特徴があります。
しかし、改名は、その名前が日常生活に大きな支障を及ぼす場合などの理由がなければ認められません。そのため襲名を行う際には、家庭裁判所に、改名する理由を示す膨大な資料を添えて申請することになります。また、許可がおりて戸籍が変更されたら、すぐに法人登記や印鑑証明、保険証、免許証など様々な書類の改名手続きも行います。
当主の名前を継ぐ、老舗の「襲名」。歌舞伎役者のように派手なものではありませんが、主が交代しても、築き上げてきた店の精神が変わらないことを、お客様やお取引先に示す一つの証といえるかもしれません。
店名 創業年 襲名した名前
(当代)
特記事項
榮太樓總本鋪(和菓子) 安政4年(1857) 細田安兵衛(6代) 3代目の名「安兵衛」を継承
山本海苔店(海苔) 嘉永2年(1849) 山本德治郎(6代) 初代の名「德治郎」を継承
山本山(茶) 元禄3年(1690) 山本嘉兵衛(9代) 初代の名「嘉兵衛」を継承
黒江屋(漆器) 元禄2年(1689) 柏原孫左衛門(12代) 2代目の名「孫左衛門」を継承
にんべん(かつおぶし) 元禄12年(1699) 髙津伊兵衛(12代) 初代の名「伊兵衛」を継承
村田眼鏡舗(メガネ) 元和元年(1615) 村田長兵衛(14代) 8代目の名「長兵衛」を継承
越後屋(呉服) 宝暦5年(1755) 永井甚右衛門(8代) 初代の名「甚右衛門」を継承
吉德(人形) 正徳元年(1711) 山田德兵衞(12代) 6代目の名「德兵衞」を継承
羽二重団子
(団子)
文政2年(1819) 澤野庄五郎(6代) 初代の名「庄五郎」を継承
宮本卯之助商店(神輿) 文久元年(1861) 宮本卯之助(7代) 4代目の名「卯之助」を継承

最新記事

    This post is also available in: 英語