<白木屋傳兵衛>中村梅吉さんの「いい話」【第17回:歳時記:8月】

8月といえば、お盆だ。もとは旧暦7月15日にあたる中元節の日に行われていた(旧暦盆)行事だったが、明治期に新暦が導入されたため、今は多くが新盆(7月13~16日)と月遅れの盆(8月13~16日)で行われるようになった。東京は7月に行う新盆。地方の90パーセントは、8月に月遅れで行うようだ。

ところで、その月遅れのお盆の頃に行われるのが深川の八幡様(富岡八幡宮)の例祭「深川八幡祭り」だ。現在は毎年8月15日を中心とした土日に行われているが、八幡様によらず深川の祭りは8月が多い。マイナーな神社は、八幡様のお祭りの前後に日程を調整する。
氏子は、大半が深川だが、中央区の新川や中洲辺りまで範囲が及んでいる。
「粋は深川 勇みは神田 だだっ広いのが山王様」

私が小学生の頃の話だが(八幡様の祭りが一番盛んだった頃だ)、親父と深川へ祭り見物に行ったとき腹が痛くなり、気が付いたら半日、小用をしなかったのを思い出したことがあった。祭りの迫力に押されて、そんなことなど忘れていたのだ。
ここ3、40年のことだと思うが、あの祭りには町神輿の「担ぎ方コンクール」があって、5月以降、週末の夜ともなると、高架の下や川っぺりなどで、神輿の担ぎ棒だけを担いで練習しているグループに出会う。客観的に見ると棒だけ担いでいるのは「みば」のよいものではないが、当人達は大真面目。趣味や道楽を第三者が見ると「喜劇」になるのを知る。そして、深川のお祭りの掛け声は「わっしょい」である。
なお、八幡様のご鳳輦が渡御を行う本祭りは3年に一度。次は、来年2017年だ。

中村梅吉(なかむら うめきち)
白木屋中村伝兵衛商店6代目店主。昭和4年(1929)、東京市京橋区宝町3-4(現:中央区京橋3-9-8)に白木屋箒店(現、白木屋中村伝兵衛商店)の長男として生まれる。
区立京橋国民学校(小学校)、東京府立第3中学(現両国高校)を経て、東京外事専門学校(現東京外語大)の蒙古科に入学。蒙古語、中国語、ロシヤ語を習得。昭和37年(1962)から平成15年(2003)まで、6代目店主として家業に勤しむ。
昭和55年(1980)から中央区歴史講座で川崎房五郎氏に師事し、江戸学を開始。隠居後、中央区の文化サポーターや江戸東京博物館ボランティアとして、年間30回以上、講演や街歩きの案内を務めている。
また、東京大空襲の被災者としての証言など、様々な形で江戸—東京の歴史を伝える活動にも関わり続けている。茶道、飛行機模型、手話などなど、趣味も多彩で本格派。