【おうちで学ぼう】

老舗のあるじが語る「各店よもやま話」。今月は「榮太樓總本鋪」と「とらや」の話をお届けします。

 

■梅ぼ志飴、訴えられる!!

eitaro

砂糖は奈良時代に渡来して以来、明治になるまで、そのほとんどが中国からの輸入品でした。そして、江戸時代になっても、相変わらず砂糖は贅沢で貴重な食べ物でした。

職人の日収が300~400文だった江戸後期、砂糖1斤(約600g)が200~300文だったというのですから、事実、高級品です。当店の初代が屋台から店を興したのは、そんな時代でした。
ところで、その初代が作った菓子の一つ「梅ぼ志飴」のことで、消費者センターに呼び出されたことがあります。梅干が入っていないのに「梅ぼ志飴」とは標示違反ではないかという消費者からのクレームがあったというのです。
この飴は、当初、棒状に伸ばした飴をハサミで切り、その切り口を指でつまんで整形していました。そのため、形が皺のよった三角形になり、色づけも貴重な紅花を使って赤に染めていたので、形や色の似た梅干の名を付けたのです。さらに、甘い菓子に酸っぱいものの名前をあてたところに江戸っ子のユーモアと機知もあったはずです。

そんな話をして、「第一、うちの梅ぼ志飴のことをおっしゃるなら、柿の種には柿が入っていませんし、きつねうどん」には狐が入っていませんけれど?」 と言うと、担当者も大笑いとなり、無罪放免。

しかし、もはや、江戸っ子のエスプリが通じない時代になってきたということでしょうか。

 
◎榮太樓總本鋪/中央区日本橋1-2-5 ☎03(3271)7781

https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e6%a6%ae%e5%a4%aa%e6%a8%93%e7%b8%bd%e6%9c%ac%e9%8b%aa/

 
 
■「羊」「羹」の話

toraya

羊羹の「羹」の字は。単独では「あつもの」と読みます。そして、中国ではスープのことをさします。「羹(あつもの)にこりて膾(なます)を吹く」ということわざがありますが、これも熱い汁で舌をやけどしたので、膾のような冷たい料理までフウフウ吹いて冷ます、つまりは無益な用心を笑うものです。

では、なぜお菓子の羊羹が、「羊の汁」という意味の字なのでしょうか。これは、日本に羊羹を伝えた禅僧たちが、羊肉(または羊の肝)の代わりに小豆や小麦粉などを蒸し固めるなどして、似た形、似た色の精進料理を作り、それがやがてお菓子としても供されるようになったという解釈です。
実際、16世紀に書かれた史料に登場する羊羹は、「箸で割って食べ、汁も飲む」と書かれていますから、この頃までは本来の「羊羹」の形態を留めるものがあったようです。

また、紀元前に記された中国の『史記』には、戦を前に羊羹を配ったところ御者に行き渡らず、怒った御者が将軍を乗せたまま敵陣に走り、羊羹一つで戦に負けた逸話も残っています。

さて、それほどのご馳走だった「羊羹」とは、どんな食べ物だったのでしょう。ちょっと味見してみたい気がしませんか?

◎とらや 港区赤坂4-9-22 ☎03(3408)2331

https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e3%81%a8%e3%82%89%e3%82%84/