【老舗のちょっといい話】

老舗の、ちょっといい話。今月は銀座好みの着物の店「銀座 越後屋」と、日本橋の鰹節店「にんべん」のあるじが語ります。

echigoya

■銀座越後屋  ―都心温暖化と衣替えー
太宰治の文章のなかに、衣替えの季節になったが単衣(ひとえ)の着物が無いため、夫人が袷(あわせ)の着物をほどいて洗い張りし、単衣に仕立て直したという話がでてきます。6月から9月までは単衣、10月から5月までは袷、というのが着物の一応の決まりごとなのです。
しかし、最近の都心の暑さは異常です。真夏並みの暑さの日でも袷を着て、汗をかいているかたをお見かけするたびに、ひと昔前の決め事に無理に合わせる必要はないのではないかと呉服屋は考えます。
衣替えは、平安時代には4月1日、5月5日、8月15日、9月9日、10月1日の5回、江戸時代には4月1日と10月1日に行われていました。衣替えの日は、その当時の気候や人々の暮らし方に合わせて決められてきたのです。
この100年で、日本の地上気温は1.26℃上昇した(気象庁)そうです。また、未来予測では、21世紀末、東京の猛暑日は現在の12日(2020年)から47日に増加するとか(気象研究所)。
衣替えの日が変わるのも、そう遠い未来のことではないかもしれませんね。
◎銀座越後屋:中央区銀座2-6-5

 

■にんべん   ―時代の風と鰹節―
当店が鰹節の「フレッシュパック」を売り出したのは、昭和44年(1969)のことです。それからあっという間に、日本のほとんどのご家庭から鰹節削り器が姿を消してしまいました。つまり私どもは、鰹節削り器を日常生活から遠いものにしてしまった張本人(⁈)なのですが、このフレッシュパックこそが日本人の味の原点である鰹節を救ったともいえるのです。
当時の日本は高度成長期を迎えて、誰もが働くことに生きがいを見出し、家事にかける時間と手間を惜しむようになっていました。料理も「時短」が求められ、レトルト食品やインスタント食品、うまみ調味料が大ヒット。そうしたなかで考えた鰹節の生き残り策が、削りたての鰹節をそのままパックする方法だったのです。
ところが、それから約50年。日本の暮らしから忘れ去られようとしていた鰹節削り器が、コロナ禍の中で静かなブームを呼んでいます。「ステイホーム」で家族の在り方を見直した時に、食生活を豊かにしたいと考えた方が多かったからでしょうか。そして、削り器で鰹節を削る時の手の感触や音、香りなどにも心が動いたのでしょうか。
日本人の発明した鰹節のすばらしさと、和食のおいしさを未来にも伝えていきたい。当店は今日も、江戸っ子の意気地で時代の風と格闘しています。
◎にんべん:中央区日本橋室町2-3-1

katuo