おうちで学ぼう

老舗のあるじが語る「各店よもやま話」。今月はフルーツの「千疋屋総本店」と、うちわ・扇子の「伊場仙」のお話です。

■西郷どんと西瓜<千疋屋総本店>https://www.sembikiya.co.jp/
suika

当店の創業は天保5年(1834)。初代が現在の埼玉県越谷市千疋から上京、日本橋近くで果物や蔬菜を売る店を開いたのが始まりです。そして、飛躍をとげたのが2代目の時代。妻として嫁いできた「むら」が駒形の大店の娘で、その縁から一流料亭・八百善に出入りするようになり、さらに、そこに集まる各界の著名人、粋人からもお引き立てを賜わるようになったのです。
そんな顧客の一人に、あの西郷隆盛公がいました。店が薩摩屋敷に近いこともあって、むらはしばしば「おっかあ、でっかな西瓜持ってこいよ」と、親しく声をかけられたといいます。
西瓜はアフリカ原産で、日本にもたらされた年代は不明ですが、寛永年間(1624~44)に、琉球から薩摩に伝えられたのが始まりともいわれています。西郷さんにとっては、故郷を思い出す果物だったのかもしれません。
明治6年、西郷さんは失意のうちに江戸を去ることになります。帰郷の数日前、むらは西郷さんに 「おっかあに屋敷をあげようか」と冗談ともつかぬ話をされたという話も伝わっています。 さて、その日、むらが最後にお届けした果物は、何だったのでしょう。頃は10月。西瓜でなかったことはまず確かだと思うのですが……。

◎千疋屋総本店   中央区日本橋室町2-1-2  ☎03-3241-8818(代)

 

■うちわの役割 <伊場仙>
ibasen

うちわ(団扇)が、何のために作られたのか、ご存知ですか? パタパタとあおいで風を送り、暑さをしのぐため……? いや、それがどうも違うようなのです。
奈良・高松塚古墳の壁画に、うちわ状のものを持った女性が描かれています。学問的には円翳(かざし、まるは)、円羽などと呼ばれ、儀式のために高御座についた天皇の顔を隠すために女官が使用したとされています。これが平安朝になると、女性の扇につながっていったとも言われています。
ところが、「うちは」という言葉の語源を考えますと、もう一つの意味が生まれてきます。つまり、「うち」「はらう」、悪霊やけがれを打ち払う目的で使われたのではないか、と。
実際、伊勢神宮・内宮の別宮である伊雑宮(いざわのみや)の御田植式では、神が降りてこられるときの目印・依代(よりしろ)とされる「太一」と書かれた巨大なうちわが立ちますし、全国各地の祭りでも御輿を大うちわであおいで、ワッショイワッショイとやっています。
さて、高松塚古墳の壁画に描かれた彼女は、あのうちわをどう使ったのでしょう。ずっと気にかかっています……。

◎伊場仙 中央区日本橋小舟町4-1  ☎03(3664)9261

 

*日本橋散歩は⇒こちら(見どころ、ショッピング、グルメ)