夏越の祓(なごしのはらえ)・茅の輪くぐり「おすすめ! 江戸・東京散歩」

6月30日 各地の神社
夏越の祓(なごしのはらえ)とは、この半年分のけがれをはらい、今年後半の無事を祈願する行事で、多くの神社で行われています。神社の境内に茅(ちがや)という草で編んだ「茅の輪」が設けられているので、これをくぐって神前に進みます。
茅の輪のくぐり方は、一礼して左回りにくぐって元に戻って、次に右回り、さらに左周りと8の字を描くように回って戻り、改めて一礼して神前へ。清々しい気持ちで、残りの半年も大事に過ごしましょう。

夏越の祓

6月30日は、今年半年分のけがれをはらう夏越の祓(なごしのはらえ)の日。
茅の輪をくぐって、参拝しましょう。