• おすすめそば 「涼味とろろそば」 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 登場日:6/1~6/末 媒体名:「トランヴェール」2022年6月号(新幹線車内誌) 「東京スキマTrip」のコーナーで 店の歴史・店内風景をご紹介いただきます。 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • ところ天 6月1日から販売致します。 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 6月は、旧暦の呼び方では「水無月(みなづき)」。田に水を引く「水の月」を意味すると言われています。 これから7月中旬にかけて、梅雨の雨がお米を育てていきます。東京でも湿度が高い日が続くので、体調を壊さないようにしたいものですね。 ということで、たんぱく質や食物繊維をはじめ、ビタミンやポリフェノールなどが豊富に含まれている小豆の「あんこ」はいかがでしょう。 6月16...

    ▶続きを読む

  • 「千代田乃御表 六月十六日嘉祥ノ図」揚州周延 (国立国会図書館) 「和菓子の日」は、もともと旧暦の6月16日に催されていた嘉祥(嘉定:かじょう)の行事に由来しています。嘉祥は、お菓子を食べることで厄除けし、健康や招福を願う行事で、江戸時代には宮中や幕府をはじめ、庶民の間でも盛んに行われていました。 江戸城では饅頭や羊羹、餅菓子類のほか熨斗鮑(のしあわび)や麩...

    ▶続きを読む

  • https://www.tnm.jp/ 開催中~6月26日。東京国立博物館(JR上野駅下車ほか) 本土復帰50年を迎えた沖縄県の歴史や文化を過去最大規模で展覧。琉球王国時代の王族が身に着けた衣装や刀剣などの琉球国王・尚家400年の宝物のほか、考古遺物や民族資料など様々な文化財が一堂に。琉球の美と技を、今に伝えます。 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • https://edocco-studio.com/myoujinjyuku2022/ 6月11日 10時~12時30分。神田明神文化交流館(JR御茶ノ水駅下車ほか) 2022年「明神塾」の第2回目。江戸時代の富士信仰と、現在も残る富士塚についての講演会・トークショーが行われる。受講費は3500円。事前予約はインターネットで。 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • https://www.mitsui-museum.jp/exhibition/next.html 7月9日~9月19日。三井記念美術館(東京メトロ三越前駅ほか) 三井記念美術館のリニューアルオープンを記念した展覧会の第2弾。 三井家が収集した茶道具の中心をなす陶磁器には、茶碗や茶入、花入や水指などの多くに文学的な名が付けられています。器の中に自然を見出し、わび・さびの美を感じる茶道具独特の審美眼を「景色を愛でる...

    ▶続きを読む

  • 6月30日 各地の神社 夏越の祓(なごしのはらえ)とは、この半年分のけがれをはらい、今年後半の無事を祈願する行事で、多くの神社で行われています。神社の境内に茅(ちがや)という草で編んだ「茅の輪」が設けられているので、これをくぐって神前に進みます。 茅の輪のくぐり方は、一礼して左回りにくぐって元に戻って、次に右回り、さらに左周りと8の字を描くように回って戻り、改め...

    ▶続きを読む

  • 老舗の、ちょっといい話。今月は銀座好みの着物の店「銀座 越後屋」と、日本橋の鰹節店「にんべん」のあるじが語ります。 ■銀座越後屋  ―都心温暖化と衣替えー 太宰治の文章のなかに、衣替えの季節になったが単衣(ひとえ)の着物が無いため、夫人が袷(あわせ)の着物をほどいて洗い張りし、単衣に仕立て直したという話がでてきます。6月から9月までは単衣、10月から5月までは袷...

    ▶続きを読む