• 秋の味覚【さんまの押し寿司】 秋の季節の押し寿司は、今週からさんまがスタート致しました。 ・酢と塩で締めた〆さんまの押し寿司 ・炙りさんまの押し寿司 ・4貫ずつ入ったハーフ&ハーフ ↑3種類でご用意しております。 今年は仕入れの関係で、販売期間が少し短くなってしまう見込みです。 是非この機会に、ご賞味くださいませ! This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 【日本橋本店 年末年始特別営業のお知らせ】 感染予防に必要な措置を取りながら、お待ちの列を作らぬよう、又は密にならぬよう、下記の様に事前予約優先で営業させて頂きます。 2022年年末 12月27日(火)迄 通常営業:11:30開店~21:00閉店(20:30 L.O.) 1F:ご来店順に順次御案内 / 2F:ご予約制 12月28日(水)~30日(金) 年末特別営業:11:30開店~21:00閉店(20:30 L.O.) ...

    ▶続きを読む

  • テイクアウトパルフェ マスクメロンパルフェ 税込1,890円 テイクアウトパルフェ 季節のパルフェ ~ウィンター~ 税込1,890円 季節のパルフェは冬季期間限定商品です。 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 12/28(水)-1/5(木)池袋東武出展 This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 登場日:令和4年11月15日 媒体名:メンズノンノ 【宮沢氷魚連載・タイムレスに会いにいく】 第21回 ラベンハムの別注キルティングジャケットで銀座 竹葉亭 本店へ This post is also available in: 英語

    ▶続きを読む

  • 12月の旧暦の月名は、師走(しわす)。これから大晦日までは、忙しく、あわただしい日々が続きますね。 さて、年末だからこその仕事の一つが、大掃除です。1年の間に積もったほこりや・汚れを払ううちに、気持ちもスッキリとしてくるから不思議です。江戸の町では、師走13日に、江戸城でも商家でも庶民の家でも一斉に、すす払いをしたそうです。 今月ご紹介する絵は、そんな年末のすす...

    ▶続きを読む

  • あるじが語る「よもやま話」。今回は、江戸箒の老舗「白木屋伝兵衛」よりお届けします。 ◆おめでたい「おまじない」◆ 奈良の正倉院に、日本最古の箒(ほうき)があることをご存知ですか? 孝謙天皇が758年の初子の日に蚕室を掃く神事に使ったもので、箒が、産物の出来を占い、豊作を願う呪具として日本の歴史に登場するのです。  では、箒が掃除用具となったのはいつ頃からかという...

    ▶続きを読む

  • 12月14日は、元禄時代に赤穂四十七士が主君の仇討ちを果たした日。毎年、多くの人が、吉良邸から泉岳寺までを歩く「忠臣蔵散歩」を楽しんでいます。 泉岳寺へ行く途中、赤穂義士たちが立ち寄り休息をとったことで知られる「ちくま味噌」では、永代橋のたもとに出店します。歴史の舞台を訪ねながら、老舗散歩もお楽しみください。 『忠臣蔵散歩』は→こちら <赤穂義士ゆかりの店> ち...

    ▶続きを読む

  • 開催中~1月11日。とらや東京ミッドタウン店ギャラリー (東京メトロ六本木駅下車ほか) 日々の主食として日本の食卓に欠かせないお米は、和菓子づくりにおいても重要な材料です。 和菓子に用いるお米に注目し、何種類もの米粉がどのように生まれ、どう使われているのかを、その全体像が一望できるマップや和菓子の製造動画で説明し、変幻自在なお米の魅力を伝えます。 https://toraya-pr...

    ▶続きを読む

  • https://www.senso-ji.jp/annual_event/21.html 毎年12月17・18・19日の3日間。浅草寺(東京メトロ浅草駅下車ほか) 江戸初期から続く、師走の風物詩。浅草寺の境内に数十軒の「羽子板」を売る露店が並び立ちます。 店主の口上と客とのやりとりに、周囲の見物客も幸せな気分に。  ちなみに、羽子板市はもともと年末の「歳の市」から派生したものです。ただ、「歳の市」の買い物客は男...

    ▶続きを読む