「十三夜」のお月見

お月見といえば9月の「中秋の名月」が有名です。中秋の名月は旧暦の8月15日の夜に見える月で、まん丸な月を愛でるこの風習は、平安時代に中国から伝わりました。
ところが、9月の日本は台風シーズンで、せっかくの名月も見えないこともしばしば。そこで、日本では旧暦の9月13日にも月を愛でる習慣が生まれました。これが「十三夜」です。

しかも、13番目の月なのでお月様の形は、丸に少し足りない形。不完全なものに美を見出したり、あえて完璧を避けるのは日本ならではの発想です。

十三夜は「後(のち)の月」と呼ばれたり、秋の実りにあやかって「豆名月」「栗名月」と呼ばれたりして親しまれてきました。
ここにご紹介する浮世絵は、高輪の海岸沿いに建ち並ぶ屋台に腰掛けて、月を愛でる女性を描いた広重の絵。高輪は江戸時代には、月の名所として知られていて、広重も多くの作品を残しています。

図1
東都月の景『高輪秋の月』(広重)