立秋 とは 【老舗の知恵袋】

「立秋」は、太陰太陽暦の二十四節気の一つ。太陽の黄経が135度に達する時で、現行暦では8月7日か8日にあたります。まだまだ暑さの盛りですが、暦の上では秋の始まり。「暑中見舞い」は、この日から「残暑見舞い」に。庭木のキョウチクトウ(夾竹桃)やフヨウ(芙蓉)がピンクの花をつけ、夏の終わりの日々を彩ります。