絵で見る江戸グルメ「和菓子の日」

千代田乃御表 六月十六日嘉祥ノ
「千代田乃御表 六月十六日嘉祥ノ図」揚州周延 (国立国会図書館)

「和菓子の日」は、もともと旧暦の6月16日に催されていた嘉祥(嘉定:かじょう)の行事に由来しています。嘉祥は、お菓子を食べることで厄除けし、健康や招福を願う行事で、江戸時代には宮中や幕府をはじめ、庶民の間でも盛んに行われていました。
江戸城では饅頭や羊羹、餅菓子類のほか熨斗鮑(のしあわび)や麩を加えた全8種のお菓子が大広間に並べられ、登城した大名たちに一膳ずつ下賜しました。多い時には2万個を超えるお菓子が用意されたそうで、華やかな行事だったことが想像できます。ここにご紹介したのは、そんな様子を描いた絵です。
6月17日が近づくと、毎年、和菓子屋さんの店頭に「和菓子の日」のビラが貼られます。和菓子に使われる小豆や寒天は栄養価も満点。ぜひ和菓子屋さんに足を運んでみてください。
 
 ★参考サイト:とらや「和菓子歴」https://www.toraya-group.co.jp/toraya/small_stories/calendar/kajo_wagashinohi/
<おすすめの和菓子店>
・とらや(港区赤坂)   https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e3%81%a8%e3%82%89%e3%82%84/
・秋色庵 大坂家(港区三田)
https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e7%a7%8b%e8%89%b2%e5%ba%b5-%e5%a4%a7%e5%9d%82%e5%ae%b6/
・榮太樓總本鋪(中央区日本橋)
https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e6%a6%ae%e5%a4%aa%e6%a8%93%e7%b8%bd%e6%9c%ac%e9%8b%aa/
・梅花亭(中央区新川)   https://www.norenkai.net/portfolio-item/%e6%a2%85%e8%8a%b1%e4%ba%ad/