重陽の節句(菊の節句)

9月9日は、五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)の一つ「重陽の節句」です。
「重陽」とは、古来、中国で縁起が良いとされてきた奇数(陽数)の最大数「9」が重なることから。また、旧暦の9月9日は今の暦で10月中旬にあたり、菊が美しく咲く季節なので「菊の節句」とも呼ばれています。
 伊場仙版の浮世絵をご覧ください。菊の花の香が漂ってきそうですね。

図1
『今様十二ヶ月』歌川豊国(伊場仙版 団扇絵)

江戸時代、重陽の節句の日には、諸大名が江戸城に集まって儀式を行い、庶民も菊の香りを移したお酒を飲んで邪気を払い、健康長寿を祈ったり、菊の品評会や菊人形展に出かけたりして楽しみました。
 菊は享保期から文化文政期にかけて盛んに品種改良され、大ブームを起こした花ですが、趣味人たちは、花の盛りだけでなく、花弁が反り返り、枯れていく様に「粋」を見出し、楽しんだのだそうです。
皆さんも9月9日は、伊場仙版の浮世絵を酒の肴に、日本酒に菊(食用菊を使ってね!)の花びらを浮かべて、秋の一献いかがでしょう。