<白木屋傳兵衛>中村梅吉さんの「いい話」【第13回:歳時記:4月】

子どもの頃、花見に連れて行ってもらった覚えはない。桜といえば落語の枕に使われる狂歌「やい桜 咲きゃあがったか畜生め、うぬのお陰で今日も日暮し」(蜀山人)なんてのもあるが、やはり特権階級の意識だろう。花見とか遠足とかは、暮らしが豊かで余裕がなければできないのだ。
戦時中は靖国神社へお参り(それが口実でも)に行って、境内に咲いている桜を見ることもあった。
「万朶(ばんだ)の桜か襟の色……散兵戦の花と散れ」
軍歌が今でも歌えるのが悔しい。桜には戦時の哀しい思い出がある。
私が花見に眼を向けたのは30年前頃、桜を見たいが歩けない母を車に乗せて皇居外苑、千鳥が淵を廻ったのが最初。旅行をするようになり、それに仕事で地方巡業をするようになって、3月の沖縄のサクラから5月の札幌の桜まで大抵の花の名所は見て廻った。

今、東京で宴会抜きの桜を問われれば、まず上野の東京国立博物館(東博)本館前のしだれ。東博の東50mにある両大師の境内。浅草なら、待乳山聖天様の裏手の公園に1本、素晴らしい桜がある。いつだったか、その桜の下で町会が宴を張っていて、さすが地元と思った。
明冶以前は「花は上野、向島、飛鳥山」と言われた。飛鳥山は吉宗が庶民の花見のために整備させたといわれる公園。向島堤も、堤防を大勢が歩いて踏み固めさせるために吉宗が桜を植えたと聞いたが、本当だろうか。
意外なのは江戸期の吉原の桜。吉原中ノ町の通りに根のついた桜を花の時期だけ植えて、花が終わると引き抜いて持っていってしまうのだそうだ。歌舞伎の舞台「助六」の場面が、まさにそれだ。その期間だけ女子供も入境を許されたとある。
朝顔市で買った朝顔も、咲いて2,3日見たら「うっちゃっちゃう」(捨てる)のが江戸っ子とされている。朝顔市で朝顔を買っても、最後の一輪まで看取って、来年のために種を採るような私は、とても江戸っ子にはなれない。

中村梅吉(なかむら うめきち)
白木屋中村伝兵衛商店6代目店主。昭和4年(1929)、東京市京橋区宝町3-4(現:中央区京橋3-9-8)に白木屋箒店(現、白木屋中村伝兵衛商店)の長男として生まれる。
区立京橋国民学校(小学校)、東京府立第3中学(現両国高校)を経て、東京外事専門学校(現東京外語大)の蒙古科に入学。蒙古語、中国語、ロシヤ語を習得。昭和37年(1962)から平成15年(2003)まで、6代目店主として家業に勤しむ。
昭和55年(1980)から中央区歴史講座で川崎房五郎氏に師事し、江戸学を開始。隠居後、中央区の文化サポーターや江戸東京博物館ボランティアとして、年間30回以上、講演や街歩きの案内を務めている。
また、東京大空襲の被災者としての証言など、様々な形で江戸—東京の歴史を伝える活動にも関わり続けている。茶道、飛行機模型、手話などなど、趣味も多彩で本格派。

最新記事