<白木屋傳兵衛>中村梅吉さんの「いい話」【第18回:歳時記:9月】

9月の歳時記といえば、やはり「月見」である。今年の旧暦8月15日は9月15日にあたるので、9月に旧暦8月の月を見ることになる。
母がよく「8月15日の月を見たら、9月15日の月を見ないといけない」と言っていた。9月の満月が雨や曇りで見えないと、「片見月だ」といって嫌がった。子どもの私は「天気都合なんだから、しょうがねえのに」とよく思っていた。
明治期まで、月見は流行っていたらしい。書物には、月の名所として綾瀬、三股、洲崎、(すざき)、鉄砲洲、小名木川、芝浦、高輪、不忍池などの名が残る。
8月の月見の日には、ススキと月見団子を供えたが、芋名月とも呼んでサトイモも供えた。物の本によると、「サトイモを12個(閏年は13個)、三宝の上に盛る」とあるが、ウチでもそれに近いことをしていた。こうした行事は戦争中に全部吹っ飛んだ。
旧暦8月の月見は、秋の収穫の始まりを告げる歳時記でもあった。早場米を始め、柿、栗、ぶどう、嫁は食えない秋茄子も。秋の寂しさを補ってあまりある「収穫」が始まるのであった。今、こんな話をしても、トマトは年中あるし、イチゴの最盛期は12月ときた。トマトやきゅうりがなると、お盆だなあなどと言っていた昔がすべて良かったと言わないが、便利になり過ぎてはいないだろうかと思う今日この頃である。

中村梅吉(なかむら うめきち)
白木屋中村伝兵衛商店6代目店主。昭和4年(1929)、東京市京橋区宝町3-4(現:中央区京橋3-9-8)に白木屋箒店(現、白木屋中村伝兵衛商店)の長男として生まれる。
区立京橋国民学校(小学校)、東京府立第3中学(現両国高校)を経て、東京外事専門学校(現東京外語大)の蒙古科に入学。蒙古語、中国語、ロシヤ語を習得。昭和37年(1962)から平成15年(2003)まで、6代目店主として家業に勤しむ。
昭和55年(1980)から中央区歴史講座で川崎房五郎氏に師事し、江戸学を開始。隠居後、中央区の文化サポーターや江戸東京博物館ボランティアとして、年間30回以上、講演や街歩きの案内を務めている。
また、東京大空襲の被災者としての証言など、様々な形で江戸—東京の歴史を伝える活動にも関わり続けている。茶道、飛行機模型、手話などなど、趣味も多彩で本格派。

最新記事