詳細

うぶけや

住所:東京都中央区日本橋人形町3-9-2
電話: 03-3661-4851(代)
URL:http://www.ubukeya.com/

 天明3年(1783)、大阪南区新町橋東詰に創業。初代は喜之助、銘を兼忠と申しました。鋏(はさみ)、包丁、毛抜き等、打ち刃物を専業として今日に至り、当主・矢崎豊をもって8代。幕末の頃、江戸店を長谷川街(堀留町)に構え、明治初めに現在地、人形町に移ってまいりました。文明開化期に、日本で初めてメリケン鋏(今の裁鋏)を売り出し、評判を取りました。この日本初の裁鋏は、矢羽根切り、毛抜き、利休小刀等と共に、中央区民有形文化財として店内に展示してございます。
屋号の「うぶけや」は、初代の打った刃物が「産毛でも剃れる」包丁・剃刀(かみそり)、「切れる」鋏、「抜ける」毛抜きであるとお客様から頂戴したお言葉に由来いたします。店頭の看板は明治期の高名な書家である日下部鳴鶴門下の丹羽海鶴の揮毫によるもの。
店内の扁額は鳴鶴門下四天王による寄せ書きで、「う」=伊原雲涯、「ぶ」=丹羽海鶴、「け」= 岩田鶴皐、「や」=近藤雪竹と誠に珍しいものでございます。お越しの節は、併せてご覧くださいませ。

<お店からのお知らせ>
上記の写真商品について
「食用鋏」
価格:8,640円(税込)
別売り食用皮ケース(朱色)540円(税込)
サイズ:全長12cm 重さ約45g ステンレス 日本製

食べ難い物を細かく切ったり、袋を開けたりと大変便利な鋏で御座います。
赤ちゃんの離乳食用から御高齢の方まで幅広く御使い頂けます。食卓に御携帯に是非一丁。

<道順> 地下鉄 日比谷線・ 都営浅草線 人形町駅 下車

This post is also available in: 英語