【山本海苔店】
◆海苔は江戸の大発明◆
 海苔を発明したのは、中国?韓国?それとも…? 実は、海苔はメイド・イン・ジャパン。それも、東京湾生まれの食べ物です。現在、一般に「海苔」と呼ばれている板海苔は、17世紀頃の江戸に登場しました。
 海苔の主材料であるノリは、適度な潮の満ち干がある遠浅の海、しかも栄養分をたくさん含んだ川が流れ込む汽水域を好む海藻です。その点、幾つもの川の河口がある江戸前の海は、ノリの生育に最適でした。そして、竹笹を数本まとめたものを浅瀬に立ててノリの胞子を付着させる養殖技術が開発されると、江戸は海苔の一大産地となっていきました。
 さらに江戸っ子は、そのノリを包丁などで細かく叩いて平らに広げたり、和紙を作るように漉して薄い板状にすることも考えました。そう、板海苔です。今、私たちが海苔巻やおにぎりを食べられるのは、江戸の人たちのおかげなのですね。
 それにしても、板海苔のアイデアはどんな時に思い付いたのでしょう。ある時パッと、いやパリッとひらめいたのでしょうか。
●山本海苔店
●中央区日本橋室町1-6-3
●03(3241)0261

最新記事

    This post is also available in: 英語