【MATSUZAKI SHOTEN(旧:銀座松崎煎餅)】
◆食通の食べ方◆
ある日、お客様から「いつもの煎餅と違う」とのお小言をいただきました。実は長く勤めた職人が退職したばかり。味覚の鋭さにドキリとしながら詳しくお話をうかがううちに、そのかたが変わった召し上がり方をしていることを知りました。なんと、煎餅を買ったら袋を開けて3日程おき、わざと湿気らせて召し上がるというのです。その湿気具合が違う、とのお小言だったわけです。人それぞれの召し上がり方があるわけですね。
名文章家にして大美食家として知られる内田百閒も、決まりきった食べ方が嫌いでした。たとえば、おからはスプーンの背で押して小山の形に固め、酢やレモン汁をかけて、しばらくおいてから食べたそうです。 変わった食べ方もあるものです。
煎餅の話に戻りますと、当店のあるじは、醤油味のあられや揚げ煎餅をくだいて、ご飯に混ぜたり、味噌汁に入れて食べるのを好物としております。ヤキソバに入れてもよく合うと……。
えっ! 変わってますか?
煎餅
MATSUZAKI SHOTEN(旧:銀座松崎煎餅)
東京都中央区銀座4-13-8
●03(3561)9811

最新記事

    This post is also available in: 英語