新着ニュース

  • https://artaquarium.jp/ 8月28日、日本橋に3万匹を超える金魚が群舞する「アートアクアリウム美術館」が誕生します。 金魚が泳ぐ水柱が森のように立ち並ぶ「金魚の杜」や、江戸の花街の華やかさをイメージした「花魁道中」など、ダイナミックな作品群が絢爛華麗な夢の世界にいざないます。

    ▶続きを読む

  • とらやの店舗に併設されているギャラリーで、2つの企画展が開かれています。ぜひ、おでかけください。   ◎「王朝のおもちゃ‐林美木子の有職彩色‐」展 開催中~8月20日 虎屋赤坂ギャラリー(とらや赤坂店 地下1階/赤坂見附駅下車)。かつて宮廷や御殿のなかで愛でられてきた道具や文様を研究し、有職彩色絵師として創作を行っている林美木子さんの作品を展示。 https://www.t...

    ▶続きを読む

  • 老舗のあるじが語る「各店よもやま話」。今月はフルーツの「千疋屋総本店」と、うちわ・扇子の「伊場仙」のお話です。 ■西郷どんと西瓜<千疋屋総本店>https://www.sembikiya.co.jp/ 当店の創業は天保5年(1834)。初代が現在の埼玉県越谷市千疋から上京、日本橋近くで果物や蔬菜を売る店を開いたのが始まりです。そして、飛躍をとげたのが2代目の時代。妻として嫁いできた「むら」...

    ▶続きを読む

  • 2020.08.01

    江戸の花火

    「新撰江戸名所 両国納涼花火之図」/歌川広重(初代),国立国会図書館蔵 両国橋の上で、江戸っ子たちが花火を見上げています。江戸時代の花火は、光だけで、色はついていませんので、華やかな中にも情緒が感じられますね。さすが、広重。 「東都両国夕涼之図」/歌川貞房,国立国会図書館蔵 その光だけの花火を、こんなふうに表現した絵師もいました。迫力満点。 そして、両国橋...

    ▶続きを読む

  • 例年、夏には、東京で催される花火大会をご紹介しているのですが、今年はすべての大会が中止。そこで、皆様には、江戸の花火見物にご案内いたしましょう。 浮世絵に描かれた、両国の花火の様子です。情緒たっぷり。打ち上げの音や、見物客の歓声まで聞こえてきませんか? さらに、今月は「東都バッグ」のプレゼント情報も! どうぞゆっくりご愛読ください。

    ▶続きを読む