詳細

大野屋總本店

住所:東京都中央区新富2-2-1 電話:03-3551-0896 ファックス:03-3551-1263
URL:http://www.oonoyasohonten.jp/

 安永年間創業。嘉永2年(1849年)、現在の新富に移転し、代々足袋を作って参りました。新富座や歌舞伎町座ができたのち、いわゆる新富形の足袋が、大野屋の名を広く世に知らすところとなりました。
足が細く、小さく、きれいに見えるように底を狭くとり、爪先をふっくらと丸く仕上げた、当店の足袋。現在も一人ずつ足形をとり、手作りで仕上げる伝統を守り続け、歌舞伎役者や芸者、舞踏家などの一流の方々の足袋を調整しております。
特別誂え足袋の他にも、同じサイズで、巾の細い足袋から広いものまでいろいろと用意し、ぴったり合う足袋を選んでいただけるようにしております。
また、和装肌着やガーゼのねまき、パジャマ、ハンカチ、湯上りなど、独自の色と柄の和装雑貨を製造しております。

<道順> 地下鉄有楽線新富町駅下車
2番出口より

This post is also available in: 英語